一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 民泊条例、大阪府で4月スタート 訪日客増へ期待の一方、トラブル警戒も

会員ログイン

民泊条例、大阪府で4月スタート 訪日客増へ期待の一方、トラブル警戒も

投稿日 : 2016年3月30日 | 最終更新日時 : 2016年4月4日

マンションなどの空き部屋を宿泊施設に活用できる大阪府の「民泊」制度が4月からスタートする。適用対象となる府内37市町村のうち、33市町村が実施を決めており、独自の条例案が可決した大阪市も10月以降の施行を目指すなど、深刻化する宿泊施設不足の解消に期待がかかる。一方で、騒音やゴミ捨てマナーなど近隣住民とのトラブルを不安視する自治体は多く、ルールをどう徹底させるかが課題となりそうだ。

観光客3