一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 日本民泊協会「箱舟民泊」に続き、和歌山県や徳島県でも「シームレス」防災の仕組みを(時流地流)

会員ログイン

日本民泊協会「箱舟民泊」に続き、和歌山県や徳島県でも「シームレス」防災の仕組みを(時流地流)

投稿日 : 2019年11月5日 | 最終更新日時 : 2019年11月5日

[日本経済新聞]

2019/11/3

◆和歌山県と徳島県に挟まれた海域、紀伊水道に面した徳島県沿岸部、阿南市で「シームレス民泊」という独自の取り組みが始まった。平時は民間の宿泊施設だが、災害発生時には自治体の管理下に置かれ、避難所生活が困難な高齢者などを優先的に受け入れる。津波被害を受けにくい同市新野地区に4軒が開業した。