一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 民泊最大手Airbnb、「今すぐ予約」可能リスティングは全体の70% ビジネス客にも有効

会員ログイン

民泊最大手Airbnb、「今すぐ予約」可能リスティングは全体の70% ビジネス客にも有効

投稿日 : 2019年7月27日 | 最終更新日時 : 2019年7月27日

[民泊大学]

2019年7月25日

民泊仲介世界最大手の米Airbnbは7月25日までに、掲載されているリスティングのうち「今すぐ予約(Instant Book)」が可能なリスティングは全体の70%に上ると発表した。

「今すぐ予約」機能がオンになっていると、ゲストが予約をした時点で予約が確定が確定し、ホストにはその都度の承認が求められない。ゲスト側はリスティングの検索画面で「今すぐ予約」が可能な物件に絞って検索をすることもできるため、予約を多く獲得するためにも有効だとされている。

▼Airbnbが公表している「今すぐ予約」を使うメリットは下記の通り

  • 手間が減る
  • 注目度アップ
  • 検索順位アップ
    (Airbnb側は「『今すぐ予約』をONにすると返答率が上がり(返答が要らないので)、リスティングの検索表示順位も上がるというSEO対策の効果もあります」と説明している。
  • スーパーホストのステータスに近づける
    (Airbnb側は「スーパーホストのステータスを獲得するためには返答率は90%をキープしなければなりません。『今すぐ予約』はその面でもプラスに作用します」と説明している。

Airbnbは今回の発表で、「今すぐ予約」は特にぎりぎりになって施設を検索・予約するビジネス客にとって便利な機能であることに触れている。同社によればAirbnbを使っている企業は世界で40万社にも上るという。