一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 「ヤミ民泊」の85%を撲滅

会員ログイン

「ヤミ民泊」の85%を撲滅

投稿日 : 2019年4月5日 | 最終更新日時 : 2019年4月5日

[共同通信 – This kiji is]

大阪、6月G20控え本腰

©一般社団法人共同通信社

ヤミ民泊の摘発を進める大阪市の「違法民泊撲滅チーム」の班

 一般住宅に旅行者らを泊める「民泊」営業の届け出が全国でも多い大阪市で、違法な「ヤミ民泊」の摘発が進んでいる。市が昨年6月に設けた「違法民泊撲滅チーム」は今年2月末までに約4600のヤミ民泊を確認し、約85%に当たる約3900について正式に許可を取らせたり営業をやめさせたりしたことが、4日までに分かった。

 一般住宅の空き部屋を有料で宿泊先として提供する民泊は、急増する訪日外国人旅行者の受け皿として期待される一方、ヤミ民泊は犯罪やトラブルの温床になる懸念がある。6月に大阪市で開かれるG20首脳会合に向けて市は大阪府と連携しながら対策に本腰を入れている。