一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | レオパレス21、民泊物件の運営を開始 自社物件3棟で

会員ログイン

レオパレス21、民泊物件の運営を開始 自社物件3棟で

投稿日 : 2019年1月18日 | 最終更新日時 : 2019年1月18日

2019年1月17日 12:43 pm Traicy編集部

レオパレス21は2018年12月28日より、民泊物件の運営を3棟の自社物件でスタートした。

運営は、福岡県福岡市のレオパレス博多とレオパレスRS堤、愛知県豊田市のレオパレスRS栄町の3棟のマンションタイプの自社保有物件で開始した。法令で民泊の営業日数は180日以下と定められていることから、マンスリーなどの短期契約を活用しながら運営していく。

客室には電子レンジ、冷蔵庫、テレビ、エアコン、ベッドなどの家具家電のほか、パスコードによる開錠が可能なスマートロックを備える。チェックインはタブレット端末を使用する。滞在中の問い合わせはタブレット端末を利用し、テレビ電話で行うことができる。

11月までに、福岡、神奈川、愛知、東京、大阪、奈良の15棟130戸に拡大する予定で、Airbnb(エアビーアンドビー)、楽天LIFULL STAYの「Vacation STAY(バケーション ステイ)」などで販売する。