一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 民泊受理1万件超え 最多は札幌市1295件

会員ログイン

民泊受理1万件超え 最多は札幌市1295件

投稿日 : 2018年12月7日 | 最終更新日時 : 2018年12月7日

観光経済新聞社 – 2018.12.7

https://www.kankokeizai.com/%E6%B0%91%E6%B3%8A%E5%8F%97%E7%90%86%EF%BC%91%E4%B8%87%E4%BB%B6%E8%B6%85%E3%81%88%E3%80%80%E6%9C%80%E5%A4%9A%E3%81%AF%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%B8%821295%E4%BB%B6/

住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく住宅宿泊事業(民泊)の届け出受理件数が、観光庁の11月16日時点の集計で1万件を突破した。民泊事務を取り扱う自治体別では、札幌市の1295件が最多となっている。

全国合計の届け出提出件数は1万1719件、うち受理済み件数が1万465件となった。

受理済み件数は最多の札幌市に次いで大阪市が1174件、新宿区(東京都)が698件、沖縄県が576件、福岡県が519件、渋谷区(東京都)が507件、豊島区(同)が482件、台東区(同)が359件、北海道が317件、墨田区(東京都)が316件など。

同日時点の住宅宿泊管理業者の登録は1312件、住宅宿泊仲介業者の登録は53件。