一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 変革 第8部 JTB/4 民泊大手と協業に賭け

会員ログイン

変革 第8部 JTB/4 民泊大手と協業に賭け

投稿日 : 2018年12月4日 | 最終更新日時 : 2018年12月4日

毎日新聞 – 2018.12.4

http://mainichi.jp/articles/20181204/ddm/002/020/124000c

近藤典明(右)が提供する民泊の一室で談笑するステファン・グンペア=竹地広憲撮影

 茨城県龍ケ崎市の住宅街の2階建てアパート。ドイツから観光に日本を訪れたステファン・グンペア(27)は11月下旬、ロフト付きの一室で1週間を過ごした。料金は1泊2000円程度。民泊仲介で世界最大手の米エアビーアンドビー(Airbnb)のサイトでこの部屋を予約した。「カプセルホテルより安いし部屋も広いので、ここに決めてよかった」と満足げだ。

 部屋の持ち主の近藤典明(75)は、ここを含め市内4カ所で民泊を運営する。これまで300人以上の観光…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1166文字)