一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 京都市、混雑緩和へ市内全域の魅力配信、伏見・大原・山科など隠れた名所を紹介する新サイト開設

会員ログイン

京都市、混雑緩和へ市内全域の魅力配信、伏見・大原・山科など隠れた名所を紹介する新サイト開設

投稿日 : 2018年11月29日 | 最終更新日時 : 2018年11月29日

トラベルボイス(公式) – 2018.11.28

https://www.travelvoice.jp/20181128-121740

京都市と京都市観光協会は、地域や民間事業者と連携し、隠れた名所の魅力を発掘して活用する「とっておきの京都~定番のその先へ~」プロジェクトで、公式ウェブサイトを開設した。

同プロジェクトは定番だけではなく、伏見や大原、山科など京都市全域の魅力を発信し、観光客の誘客を促進することで、観光地の混雑緩和とともに地域活性化に繋げることが目的。観光関係の事業者のみならず、地元住民や観光客が魅力的に思う「とっておきの京都」の投稿・共有をコンテンツの中心とする情報交換プラットフォームとし、各エリアの魅力や観光、イベントの情報を発信していく。

これにあわせ、プロジェクトを推進するためのロゴマークを制定。今後、市中心部以外の伏見や大原、高雄、京北、西京、山科エリアのプロモーション強化や、体験型メニューの造成に取り組むとしている。

なお、同サイトでは2018年12月31日まで、投稿キャンペーンを実施。投稿した人の中から抽選で、とっておきのエリアにちなんだ特産品をプレゼントする。