一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 週刊トラベルジャーナル2018年7月9日号(特集:エアビーの戦略 ゲームチェンジャーが描く10億人ビジネス)発行のお知らせ

会員ログイン

週刊トラベルジャーナル2018年7月9日号(特集:エアビーの戦略 ゲームチェンジャーが描く10億人ビジネス)発行のお知らせ

投稿日 : 2018年7月9日 | 最終更新日時 : 2018年7月9日

Travel Journal Gateway – 2018.07.9

http://www.tjnet.co.jp/item/11530

【編集長より】
  「まだOTAに30%も支払っているの?」という刺激的なメッセージでOTAを揺さぶるエアビーアンドビー。
  ホームシェアにとどまらず、小規模ホテルなどを破格のコミッションで販売を始めました。
  10年後に掲げるのは旅行者のパーソナルな体験を提供するオンライン総合旅行会社への進化。
  年間10億人の取り扱いを目指します。
  特集「エアビーの戦略」では、ゲームチェンジャーがもたらすツーリズムへのインパクトを展望しました。
  私たちはエクスペディア、TUIを超える日を見ることになるかもしれません。
【特集】

*エアビーの戦略
ゲームチェンジャーが描く10億人ビジネス

エアビーアンドビーは08年にブライアン・チェスキー(当時26歳)が友人2人とサンフランシスコで立ち上げた民泊のオンライン予約会社である。2月に打ち出した新戦略では、オンライン総合旅行会社への進化で年間10億人の取り扱いを目指すことを表明した。その快進撃はとどまることを知らない。

▽6つの新機軸と6つのビジョン
牛場春夫(フォーカスライト日本代表/航空経営研究所副所長)
▽旅ナカのインパクト
荒木篤実(パクサヴィア創業パートナー)
▽宿泊ビジネスのインパクト
受田宏基(ロコパートナーズ事業開発SBU事業開発グループ)
▽ビジネス拡大のインパクト
石田言行(トリッピース創業者)

———————————————————————

誌上採録
*旅行業の成長可能性はどこにあるのか
檀原徹典氏(ミキ・ツーリスト代表取締役社長)

注目のニュース
九州産交、着地型旅行に軸足
外国人医療トラブルで総合対策
観光庁、観光公害対策で新組織
百貨店外客売上、316億円

誌上セミナー
*中国人客の購買パワー獲得術

コラム
*視座 大下幸夫(IGRいわて銀河鉄道銀河鉄道観光所長)
*SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
*統計データは語る
*ビジネスパーソンの日々雑感