一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | (大阪)違法民泊、G20までにゼロへ 大阪市

会員ログイン

(大阪)違法民泊、G20までにゼロへ 大阪市

投稿日 : 2018年4月26日 | 最終更新日時 : 2018年4月27日

朝日新聞マイタウン大阪 – 2018.04.26

https://www.asahi.com/articles/ASL4T5K1PL4TPTIL021.html

大阪市の「違法民泊撲滅チーム」が25日、市役所で初会合を開いた。吉村洋文市長を委員長に、府や府警の幹部を含む18人で構成。来年6月の主要20カ国・地域首脳会議G20サミット)までに「違法民泊ゼロ」を目指すという。

住宅の空き部屋などに有料で人を泊める民泊は、大阪市では国家戦略特区制度や旅館業法で認められているほか、今年6月には住宅宿泊事業法(民泊新法)も施行される。一方で、市生活衛生課によると、市の認定や許可を得ていない「違法民泊」は市内に1万室以上あり、騒音など違法民泊についての苦情は2016年10月から今年3月末までに2784件寄せられた。

市は違法民泊の指導態勢を、今年4月時点の31人から民泊新法が施行する6月15日までに71人に増やす。府警OBを加え、監視や指導を強化するという。

吉村市長は会合の冒頭で「民泊…

 

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら