一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 京都市内の民泊届け出、数千件見通し 15日から受け付け

会員ログイン

京都市内の民泊届け出、数千件見通し 15日から受け付け

投稿日 : 2018年3月6日 | 最終更新日時 : 2018年3月6日

Yahoo!ニュース Japan – 2018.03.6

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000003-kyt-soci

京都新聞

 京都市は15日から、6月施行の住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく事業者の届け出を受け付ける。市内の届け出は数千件に上る見通しで、混雑を解消するため電話で予約を受け付ける。9、11日には事業者向けの説明会を開く。
中京区御池通高倉西入ルの千代田生命京都御池ビル2階、市医療衛生推進室医療衛生センターに専用窓口を設ける。受付時間は月~金曜午前9時~午後5時(正午~午後1時、祝日・年末年始は除く)。市は受け付け後、現地で消防法令への適合などを確認した上で営業に必要な届け出番号や標識を交付する。
説明会は下京区のキャンパスプラザ京都で。住居専用地域での営業日数制限や「駆け付け要件」など市の独自ルールをはじめ、届け出の手続きを説明する。9日午後7~8時半、11日午後1時半~3時。事前申し込みは8日正午まで。
届け出と説明会の問い合わせは、市医務衛生課075(222)4272。