一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 受験生向けに一部の民泊施設を無料提供 アンドエス

会員ログイン

受験生向けに一部の民泊施設を無料提供 アンドエス

投稿日 : 2018年2月21日 | 最終更新日時 : 2018年2月21日

ふくおか経済 – 2018.02.20

https://www.fukuoka-keizai.co.jp/news/%E5%8F%97%E9%A8%93%E7%94%9F%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%AB%E4%B8%80%E9%83%A8%E3%81%AE%E6%B0%91%E6%B3%8A%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%82%92%E7%84%A1%E6%96%99%E6%8F%90%E4%BE%9B%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89/

大学受験シーズンのピーク時限定で

民泊・簡易宿所運営・管理代行業の㈱アンドエス(福岡市中央区舞鶴2丁目、本田幸一郎社長)は、遠方から来る受験生向けに一部の民泊・簡易宿所施設を無料提供する。宿泊の対象日は2月23日〜24日。

今年は国立大学前期試験(25日・26日)と薬剤師国家試験(24日・25日)が連続して控えており、コンサート開催日と重なっていたことから宿泊施設不足が深刻化していた。こうした状況を受け、一般社団法人九州民泊協会の理事を務める本田社長自らが、民泊への理解を深めてもらおうとプロモーションの一環として取り組む。対象となる簡易宿所施設は博多駅南3丁目、ニッシンビル斜向かいの「Amp.Retro Hakata(アンプレトロ博多)」で、同社が市内で運営する民泊・簡易宿所施設のうち予約が入っていない同ビルの2部屋が対象。九州民泊協会のホームページから申し込み後、チェックイン時に受験票を提示することで無料で1泊できる。同社では今後も継続して受験ピーク時の無料宿泊サービスを実施・拡大していく予定。本田社長は「今年は例年に比べ特に宿不足が深刻化している。今後も継続的に取り組むことで、民泊のイメージアップにもつなげていきたい」と話している。

同社は2014年10月設立。資本金は1000万円で従業員は10人。

2018年2月14日発行