年末年始、子どもの春休みや夏休み、ゴールデンウィークなどなど、旅行で宿泊先を探していて、「ホテルや旅館は高いなぁ」「なかなかしっくりくる宿泊先が見つからない……」などと悩んだ経験はありませんか?

ラグジュアリーなリゾートホテルの滞在を楽しむのも良いのですが、いつもいつも手厚いサービスを必要としているわけではありませんよね。

旅行や取材で、子連れで民泊を利用する機会の多い私が、「Airbnb」を利用した子連れ旅行の実際のところと、メリット&デメリット、楽しみを広げるAirbnb活用のコツを解説します。

「Airbnb」民泊3つのメリット

椀de縁|福井県鯖江市

1. 民泊は価格が安い

私は数年前まで、目的のはっきりとした旅行や、長距離移動の中継宿泊、取材など、“宿泊は眠るだけでいい” というケースに、子連れファミリー歓迎のロードサイド系ホテルをよく利用していました。

たとえば、「チサン イン」や「ファミリーロッジ旅籠屋」は、子連れで少々ドタバタになってしまっても大丈夫、という安心感があります。

民泊の価格帯は、ピンからキリですが、魅力の一つに、ビジネスホテルやロードサイドホテルよりも安い宿が見つかる可能性がある点があります。

ただ眠るだけでいいのであれば、安ければ安いほど助かりますよね。

※軽井沢など高級別荘地になると、リゾートホテル顔負けの、お洒落な別荘の民泊が増えて、価格帯も高くなり、状況は異なります

2. Airbnbで選択肢が増える

地域によっては、子連れ歓迎のビジネスホテルやロードサイドホテルが無く、困るケースがあります。

また、ビジネスホテルやロードサイドホテルは、市街地や幹線道路沿いにしかありませんが、地方や、自然豊かな奥地への旅行の場合、ちょうどよいエリアになく、不便に感じる場合があります。

が、民泊は、都市部に限らず、様々な場所に点在しており、ホテルがないようなエリアでも見つけられるケースが少なくありません。

近年「Airbnb」および民泊の普及で、かなり選択肢が増えた実感があります。

3. ホテルでは不可能な、多様な経験ができる

椀de縁|福井県鯖江市

そして何と言っても、親として、最大の魅力に感じるのは、“ホテルとはひと味違った経験ができるケースが大半” という事実です。

たとえば、我が家が福井県へ行くときに、必ず利用する、「椀de縁」は、福井県の伝統的古民家に宿泊できる、という貴重な経験ができます。

ホスト(家主)の荒木さんは、子どもたちに「銀杏を拾いに行こう」と誘ってくれたり、近所のヤギに餌をあげさせてくれたり、綺麗な湧き水の場所を教えてくれたりします。

前回は、福井県立恐竜博物館へ行く際に、お世話になりましたが、犬とうさぎの仲間が増えていました。

現地の生活に溶け込む貴重な体験の数々と、まるで親戚の家に遊びに行くかのような、アットホームな雰囲気は、民泊や農家民宿ならではです。

椀de縁|福井県鯖江市

民泊の注意点は? 4つのポイント

たくさんのメリットがあるAirbnbや民泊ですが、今まで日本にあまりなかった文化ですので、慣れないと面食らうケースもあるかもしれません。

民泊のタイプを把握すべし

Airbnbで検索できる民泊は、貸切、個室貸し、シェアルームが混在しています。

それぞれまったく性格が違いますので、事前に把握しておかないと「思っていたのと違った」というケースがあるかもしれません。

貸切……一軒家、ログハウス、ヴィラなどの建物を丸ごと借りられます。また、マンションの一室を貸し切る「コンドミニアム貸切」、「アパートの個室」などもあります。

個室貸し……一軒家の一部屋であったり、マンションの一室であったり、寝室は個室ですが、トイレやキッチンなど一部を、ホストまたは他宿泊者と共用するスタイルです。

シェアルーム……寝室も含めて、ホストまたは他宿泊者と共用するスタイルです。山小屋をイメージするといいでしょう。

子どもOKを選ぼう

Airbnbのフィルター設定画面

一般の人がホストを務める民泊では、それぞれの事情があり、必ずしもサービス最優先ではありません。

子どもを連れた家族の受け入れも、歓迎しているところ、通常通り受け入れているところ、おすすめしていないところ、お断りしているところ、とスタンスは様々です。

Airbnbの場合、検索のフィルターで、アメニティ・設備の項目に「ファミリー/子ども連れOK」のチェックボックスがあります。

子連れ宿泊の場合、子どもたちがどうしても、騒いだり、置物や備品を壊してしまったり、という事態がありがちですので、「ファミリー/子ども連れOK」の宿泊先を選ぶようにしましょう。

ホストとの関係

ホストによって、ゲスト(客)受け入れの考え方、位置づけは様々です。

ゲストとの接触を可能な限り少なくして、部屋だけを提供するビジネスライクな人もいれば、「私たちは普通に生活しているけれど、気にせずにゆっくりしてね」という感覚の人もいます。

特に個室貸しや、シェアルームの場合、ホストと顔を合わせる時間は増えるので、コミュニケーションも楽しむつもりで利用するのがおすすめです。

また、こればっかりは運ですが、ホストが個性的過ぎて呼吸が合わないと、対応に苦慮するケースもないとは言えません。

私も、ホストが高齢で話が合わなかったり、移住者で熱心に地域行事に勧誘されたり、という経験があります。

清潔さの感覚は人それぞれ

年間30泊はキャンプをして、アウトドア慣れしている我が家は、たいてい問題ないのですが、ホテルにしか外泊した経験のない人にとっては「え、ここで眠るの」と感じるケースも、中にはあるのではないかな、と思います。

これは、掃除をしていないというよりも、清潔さの感覚のギャップが要因だろうと思います。

どんなこともありえる、と思って、トラブルも旅行の楽しみの一つとの意識で利用するのがおすすめです。

※なお、布団が臭い、部屋がカビているなどというのは論外で、そういうところは評価が低くなるので、レビューをしっかりみていれば避けられます

楽しみを広げるAirbnb活用のコツ!

民泊は、単に安宿の代替だけに止まりません。

たとえば、先日は、元旅館をリノベーションして一棟貸ししている、大型民泊を、仲の良い子連れファミリーで集まって、海遊びをする拠点として利用しました。

ホテルや旅館では、みんなで集まってワイワイするのが難しかったのですが、一棟貸しの民泊を複数家族で利用することで、楽しいお泊まり会になります。

シェアルームの民泊も、ちょうど定員で利用すれば、貸切と同じになり、他宿泊者に気をつかう必要がなくなり、おすすめです。

また、岩手県の大学の同級生のところへ遊びに行ったときは、周辺の自然を満喫しながら、農家民宿を中心に宿泊しました。

宿泊費が安く済むので、時間を掛けて周遊できたメリットが一つ。

同時に、各ホストが手がけている自然の中での活動や、その土地ならではの出来事、人との出会いが、旅をより豊かなものにした実感がありました。

子どもたちに、ただ観光地を回るだけではない、貴重な体験をさせる一つの方法として、優れた方法です。

このように、ちょっと工夫すると、様々に可能性が広がるので、Airbnbそして民泊は、とてもおもしろい選択肢です。

ぜひ、試してみてくださいね。