一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 空き家をゲストハウスに 最上町・赤倉温泉にオープン

会員ログイン

空き家をゲストハウスに 最上町・赤倉温泉にオープン

投稿日 : 2017年5月8日 | 最終更新日時 : 2017年5月8日

やまがたニュースオンライン – 2017.05.07

http://www.yamagata-np.jp/news/201705/07/kj_2017050700156.php

最上町の赤倉温泉街に空き家を活用した「ゲストハウス旅やかた芭蕉庵」がオープンした。外国人旅行者らの誘客を目的に、イベント企画会社「ARROW ENTERTAINMENT」(同町、矢口優太代表)が安価で気軽に泊まれる場所として整備。矢口代表は「空き家活用のモデルにもなればうれしい」と話している。

矢口代表は旅行代理店での勤務を経て町内のタクシー会社社長を務める傍ら、同社を運営している。2015年に米国で民泊を経験し、海外で民泊やゲストハウスが浸透していることと、住宅や自家用車を共有する「シェアリングエコノミー」の考え方を知った。

最上町でもゲストハウスを運営することで、訪日外国人旅行者の誘客促進と空き家問題解決の糸口になるのではないかと考え、祖父が所有していた建物を改装した。木造2階建ての4LDK。無料無線LANを備えるが、風呂はなく料理も提供しない。赤倉温泉の日帰り入浴や近隣の飲食店を利用してもらうことで、地元との交流促進につなげるためだ。最大6人が宿泊可能。料金は1泊平均5千円で時期によって上下する。

訪日外国人旅行者、大学生、少人数旅行者など赤倉温泉に来たことがない客層の利用を見込む。申込窓口として民泊専用サイト「エアビーアンドビー」に登録し、既に国内外から問い合わせがあるという。矢口代表は「最上町は釣りもスキーもできて東北の隣県にも近い。多くの人に来てほしい」と言葉に力を込める。

最上町富沢815の2。問い合わせは赤倉観光タクシー0233(43)2115。宿泊希望者はエアビーアンドビーに無料登録して申し込む。URLはhttps://www.airbnb.jp/