一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 宿泊予約サイト一元管理「手間いらず」、新規導入で補助金の対象に、最大100万円まで

会員ログイン

宿泊予約サイト一元管理「手間いらず」、新規導入で補助金の対象に、最大100万円まで

投稿日 : 2017年5月8日 | 最終更新日時 : 2017年5月8日

トラベルボイス(公式) – 2017.05.05

https://www.travelvoice.jp/20170505-88246

比較ドットコムは、同社が提供する宿泊予約サイトの一元管理「TEMAIRAZUシリーズ」の3商品がIT導入補助金対象になったことを発表した。

対象商品は、「手間いらず.NET」「手間いらず.NET2」「TEMAIRAZU YIELD」。このいずれかを新規で導入する宿泊施設は、初期費用も含め最大100万円までの補助金を受けることができる。

この制度は、中小企業のITツール導入を促進するために設けられているもの。申請期限は2017年6月30日(第2次公募)まで。補助金公募のための手続きは、宿泊施設自身がおこなう必要がある。