一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 長崎県平戸市×公認民泊サービスの百戦錬磨 歴史的建造物活用の新たな観光まちづくりを目指し事業連携

会員ログイン

長崎県平戸市×公認民泊サービスの百戦錬磨 歴史的建造物活用の新たな観光まちづくりを目指し事業連携

投稿日 : 2017年4月5日 | 最終更新日時 : 2017年4月5日

毎日新聞 2017年4月4日
http://mainichi.jp/select/biz/pressrelease/archive/2017/04/04/kdpr201704040593.html
株式会社 百戦錬磨

長崎県平戸市×公認民泊サービスの百戦錬磨
歴史的建造物活用の新たな観光まちづくりを目指し事業連携
~コラボ第一弾は平戸城天守閣での日本初!“キャッスル・ステイ”ご招待~

平戸市(市長:黒田成彦)と公認民泊サービスを提供する株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)は歴史的建造物を活用する観光まちづくりを推進する目的で事業連携いたしますので、お知らせいたします。

記念すべきコラボレーション企画第一弾として、子会社の運営する公認民泊仲介サイト「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)にて、平戸城の天守閣に泊まる“日本初キャッスル・ステイ”の2人1組限定の無料宿泊企画を行います。世界中の誰よりも先に天守閣に泊まっていただく権利のほか、宿泊日当日に平戸市より「1日城主」の認定が授与され、お殿様・お姫様になりきっていただく平戸市の魅力満載のおもてなしツアーを提供します。この連携により、今後、平戸市内にある歴史的な建造物の活用策として宿泊施設に利用するなど、全国に先駆けた新たな観光まちづくりによる交流人口の拡大・地域活性化を進めてまいります。

当社は、政府の推進する「歴史的資源を活用した観光まちづくり」専門家会議において代表取締役社長の上山が構成員を務めるなど、観光を軸とした地方創生を企業の使命の一つとして事業活動を行っております。今回の国内初の“天守閣に泊まるキャッスル・ステイ”を皮切りに、日本全国のお城での継続的な宿泊提供を目指します。また、今回の平戸市のように、行政と連携したニューツーリズム振興により、消費の二極化など現代の多様化した観光ニーズに合った地方での宿泊施設の創設・提供を目指してまいります。

<キャッスル・ステイ~「1組2名限定」天守閣の中に泊まろう~特設サイト>
URL:http://mag.stayjapan.com/ja/841/
応募期間:2017年4月6日(木)~2017年4月23日(日)
当選発表:2017年4月26日(水)
宿泊日:2017年5月20日(土)~5月21日(日)
場所:長崎県平戸市

◆参考URL
公認民泊プラットフォーム「STAY JAPAN(ステイジャパン)」
URL:https://stayjapan.com/

「STAY JAPAN(ステイジャパン)」は、今までにない宿泊スタイルを提供する民泊・宿泊施設予約サイトです。民家・アパート・マンション、古民家などの空き部屋やユニークな場所に宿泊することができます。都市部の生活空間に暮らすように滞在したり、地方で日本の伝統文化や田舎体験を通じて現地の方と交流したり、「日本」をもっと深く知ることのできる旅の拠点を提供します。国家戦略特別区域法や旅館業法など、国の定める法律に則り、自治体の認可を受けた公認民泊のみを取り扱っています。また、宿泊保険への加入や日本語・英語で対応可能な24時間コールセンターのサポートなど、民泊を安心して利用できる仕組み・環境づくりにも取り組んでいます。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/select/biz/pressrelease/archive/2017/04/04/kdpr201704040593.html#csidx601c3b7f227c130af56fefdd4172203
Copyright 毎日新聞