一般社団法人日本民泊協会|公式サイト | 民泊からマンスリーまで物件の短期貸しを一元管理!クラウドツール「suitebook(スイートブック)」を株式会社SQUEEZEが本日リリース

会員ログイン

民泊からマンスリーまで物件の短期貸しを一元管理!クラウドツール「suitebook(スイートブック)」を株式会社SQUEEZEが本日リリース

投稿日 : 2017年4月4日 | 最終更新日時 : 2017年4月4日

産経ニュース – 2017.04.03
http://www.sankei.com/economy/news/170403/prl1704030137-n1.html
2017年4月3日(月)、民泊・ホテル・旅館に特化したクラウドソーシングサービス「mister suite (ミスタースイート)」を展開する株式会社SQUEEZE (本社:東京都港区、代表取締役:舘林 真一、以下 SQUEEZE)は、民泊からマンスリーまで物件の短期貸しを一元管理できるクラウドツール「suitebook(スイートブック)β版」(https://suitebook.io/)をリリースしたことをお知らせ致します。

SQUEEZEは、ホテル・民泊・旅館といった宿泊事業に特化し、運用業務をタスクごとに専業の登録ユーザーとマッチングする効率的なクラウドソーシングサービス「mister suite(ミスタースイート)」を展開しており、新ツールsuitebookは、mister suiteより管理物件の予約や清掃管理のシステム部分を切り出したSaaSモデル型サービスとなっております。民泊・ホテル・旅館物件オーナー様だけでなく、不動産管理業者様に、特にマンスリーなどの短期貸しの管理などにも使えるツールとして拡販していきます。

マンスリーマンション・民泊を含む物件の短期貸しは、オペレーションから予約、契約、入金管理など工数が多く、管理が煩雑になりがちですが、suitebookを使って物件状況を一元管理することで、物件の稼働率、必要なタスクを一目で把握することが可能になります。このため、短期貸しや民泊をすでに自社運営されている法人様はもちろんのこと、これから短期貸し事業への参入を予定されている法人様でもスムーズな新規事業立ち上げが可能となります。また、suitebookによる管理業務の効率化や入居者の満足度向上を通して、継続的な物件の収益改善も期待できます。

β版リリース開始に伴い、期間限定にて無料導入いただけます。