一般社団法人日本民泊協会|公式サイト

会員ログイン

投稿日 : 2017年10月3日 | 最終更新日時 : 2017年10月3日

Yahoo!ニュース Japan – 2017.10.03

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171003-00828986-number-spo

Number Web

 もう、オリンピックに立候補する都市はなくなってしまうんだろうか。

IOCは、2024年の開催地をパリ、2028年をロサンゼルスと一気呵成に決定し、ひとまず立候補都市減少問題に対して、ひと息ついた格好になった。

さて、取材や観戦を主目的とする「スポーツ・トラベラー」の立場からすると、この決定はとても興味深いものだ。なぜなら、パリとロサンゼルスの2都市は、「Airbnb天国」といってもいい町だからだ。

この原稿を読んでいる方で、どれだけの方がAirbnbを利用されたことがあるだろうか?

Airbnbとは、簡単にいえば、いま日本でも話題の「民泊」の仲介組織だ。オリンピックに限らず、スポーツのビッグイベントが開催されるとホテルが足りなくなり、必然的に料金が高騰し、トラベラーを苦しめる。スポーツ・トラベラーからすれば、複数で部屋を借りれば割安になることも多く、利便性が高い。

11泊で30万円を4人で割ると……結構安い!

 実は今年の夏、ロンドンの世界陸上の取材では友人たちとキングスクロスにあるフラット(マンションの一室)を借り、大いに滞在を楽しんだ。

2012年のロンドン・オリンピックの時も同じエリアのホテルに泊まったのだが、料金を比較してみる。

オリンピックの時は、一泊およそ3万円で20泊、つまり合計60万円(これは、自腹です)。

今回は11泊でおよそ30万円だが、部屋を4人で借りていたので、ひとり当たりの料金は割安になっている。しかもベッドメイキングのために部屋を空ける必要もないし、洗濯機が使えて、料理も出来る。スポーツ観戦のための長期滞在にはうってつけの物件だった。

泊まる側も、貸す側も相互評価されるフェアなシステム。

 また、印象的だったことがふたつある。

鍵の引き渡しの件で出発前日までホストから返信がなく、不安が増殖していた時のことだ。

仲間がAirbnbに相談のメールを送ると、ホストと我々のやり取りを見た担当者から、「これは、心配ですね」と連絡が入った。

担当者はすぐさまホストに連絡を取ってくれて、1時間後には鍵の受け渡しの段取りが決まった(なんのことはない、私がロンドンに到着後、まっすぐにそのフラットに行き、鍵を受け取るということになった)。

さらに滞在終了後にはホスト側、ゲスト側双方が相手の評価を書きこめる仕組みになっている。つまり評価という点では、お互いが同じ立場になれる。

SNS時代では、ユーザー側が優位な立場になることが多いが、Airbnbでは相互評価システムが機能していることに興味を持った。もしも、ゲストが深夜にバカ騒ぎなどをすれば、それがオープンデータとなり、次にどこかの物件を借りようとすると、断られる可能性が高くなる。

そうなると、チェックアウト時には全員総出で掃除ということになり、チェックインの時よりもきれいにして部屋を出た。

私個人は、極めてフェアなシステムだと思った。

東京の民泊物件数は、パリの約5分の1。

 では、東京の民泊状況はどうなっているのだろうか。

Airbnbに登録された世界の都市の物件数ランキングを見てみると……

パリ 78000
ロンドン 47000
ニューヨーク 46000
リオデジャネイロ 33000
ロサンゼルス 26000
バルセロナ 23000
ローマ 23000
コペンハーゲン 20000
シドニー 20000
アムステルダム 17000
(2017年4月5日 Forbesより)

東京はといえば、2017年4月1日時点での民泊の掲載件数はAirbnbに限らず、総体で1万6639件。トータルでもわずかにアムステルダムに届かず、トップ10の外ということになる。
この数を多いと見るべきか、少ないと見るべきなのか。

ホテル業界とのバランスもあるのだろうけれど……。

 私個人の見解では、オリンピックを控えた町としては極端に少ないのではないかと思う。すでに現時点で、東京のホテルは予約が難しい状態が続いており、オリンピックが近づいて来たらいったいどうなるのか? と不安で仕方がない。

今年、国会では民泊新法(住宅宿泊事業法)が成立し、施設の貸主は都道府県などに届ければ、年間180日を上限に民泊事業ができることになった。政府は2018年1月の施行を目指す考えだが、一部業者からは、日数の上限が営業上の死活問題になりかねないとして不満の声もあがっている。

邪推だが、ホテル業界とのバランスをとる必要があるのだろう。

オリンピック期間はもっと柔軟に対応しなければ、世界からやって来るスポーツ・トラベラーは、茨城や埼玉、あるいは神奈川から「通勤」しながら観戦する事態になりかねないのではないか。

トラベラーが日本に悪印象を持ってしまうのは、避けたいものだ(私はアトランタ・オリンピックで郊外のモーテルに泊まらざるを得なかった。部屋に帰ると買い出しに行く店も近くになく、ひたすら「遠かった」という印象だけがいまも残っている)。

オリンピックは、町の実力が試される。

競技運営だけではなく、町全体のホスピタリティが問われるわけで、民泊は町の戦力になれる。

スポーツ・トラベラーに快適な旅を!

(「スポーツ・インテリジェンス原論」生島淳 = 文)